mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年3月 紫外線予防に力を入れよう!

日中は暖かい日がだんだんと増えてきて、ようやく春に近づきつつあるなぁと
感じる今日この頃、皆さま、いかがお過ごしですか?
ぽかぽか陽気が増えるこの時期は、色々な花や植物などが咲き始めたりするので
何となくうれしくなって思わず外に出たくなりますね。
私も「こんなにいい天気なら、赤レンガ倉庫(←海が見える)まで
散歩したいなぁ。」と毎日思ったりしています。^^

このように、真冬に比べて外に出る機会がぐ〜んと増えるこの時期ですが、
皆さまにひとつだけ覚えておいていただきたいことがあります。
それは、この3月は紫外線量が“急激に増える”ということ。
そして、お肌にとってはとても“負担がかかる”時期だということです。
というのも、肌は季節の変化に反応し環境に順応しようとして変化していますが、
肌のいくつかの形質については、変化が表れるまでに1〜3ヶ月の“時間的ずれ”を
生じることがわかってきたのです。

つまり、肌は“季節を後追いする”形で変化するということ。
後追いする…ここが重要ですね。
現在の肌の状態は、今の季節環境だけでなく、1〜3月前の季節環境が
強く現れているということなのです。
紫外線量と肌の色の変化でいうと、紫外線量が急増する3〜4月にかけての
肌の色は紫外線の少なかった冬の影響を後追いして最も明るく、
“メラニンの少ない無防備な状態”になるということがわかっています。

つまり、紫外線を浴びる機会がどんどん増えるこの時期の肌は、真冬の影響により
とても無防備でシミができやすい状態であるということ。
それゆえ、この時期の“紫外線予防”は肌のとって不可欠なことなのです。
これは意外とあまり知られていないことだと思いますので、ぜひ覚えておいて下さい。

また、寒さがだんだんと緩んできて肌は“潤いを取り戻す”と思われがちですが
冬の寒さの後遺症で、この時期はむしろ乾燥や肌荒れが進むということも、
あわせて覚えておいていただければと思います。

そこで、この時期の“紫外線予防”、そして引き続き必要な“保湿”や
“肌抵抗力の強化”のおすすめケアを以下にまとめてみました。

1.紫外線予防にビタミンC誘導体

これには“ビタミンC誘導体”配合の化粧水や美容液をおすすめします。
ビタミンC誘導体とは、皮膚への浸透を高めたビタミンC。
ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいので、“誘導体”という形にして
肌に吸収されやすくしているものです。
ビタミンCは、メラニンが作られる時に必要な酵素のチロシナーゼをブロックするので
メラニン色素の生成抑制に、そして色素を無色化するのでできてしまったシミにも 効果的なもの。
その美白作用の効果は、厚生労働省が医薬部外品として認めています。
また、皮脂分泌をコントロールしてくれるので、毛穴対策にも使われたりします。

VCイオン導入

さらに、真皮のコラーゲン合成にも不可欠なものですし、
抗酸化作用も強いので、エイジングケア全般に使える
優れものなのです。
そして、このビタミンCをより肌に浸透させるためには、
やはり“イオン導入”がおすすめ。

ビタミンCは水に溶けると電気的にマイナスになるので、
化粧品に配合されたものはマイナスになっています。
これを肌に塗布しマイナス極の電極をあてると、
マイナス同士が反発しあうため
皮膚の奥へビタミンCを押し込めることができるのです。
サロンでも古い角質を除去した後、
ビタミンCのイオン導入を行なっていますが、
体験された方からご好評をいただいています。
毎日のお手入れにビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液を、
そして一週間に一度くらいのペースで
イオン導入をするのが理想ですね。
(市販のイオン導入器をお使いになるのもいいと思います。)

 

2.内側からのビタミンC摂取

そして、やはり“ビタミンCの内服”も不可欠です。
口から入るビタミンCは、全身に必要なため、皮膚に到達するまでに
色々なところで使われてしまうので、できてしまったシミを薄くすることは
難しいようですが、紫外線に対する抵抗力をつけるのには
大いに役立ってくれます。
ビタミンCがたっぷり入ったローズヒップティーを普段から飲むようにすると、
紫外線予防の強力な味方になってくれるでしょう。


3.日焼け止めとパウダーファンデーション

2005年7月「ダメージを受けない&ダメージに負けない」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0507.html
の「その2.日焼け止めやパウダーファンデーションを賢く使用」に、
日焼け止めに記載されている「SPF」や「PA」のことなどを詳しく
載せていますので、まずはご参照いただきたいと思います。

ここでは、外出する時は日焼け止めを塗った後、
パウダーファンデーションを上から重ねて
いただきたいということ、
またあまり値が高い日焼け止めは
この時期の肌にはとくに負担がかかるので、
日常の紫外線防止にはSPF10から20くらい、
PAは++くらいのもの、
ちょっと屋外にいる時間が長い時は
SPF20から30くらい、
PAは++から+++くらいのものを
お使いになること、この2点をおすすめしておきます。
また、その日焼け止めはできれば肌への負担の少ない
「紫外線吸収剤不使用」のものを
お使いになる方がいいと思います。

日焼け止めについて

 

3.潤いを与える保湿成分入りのジェルでのマッサージ

現在の肌はとにかく乾燥しています。
血行や代謝が鈍ることも肌の乾燥を招きますので、
おすすめは“お顔のマッサージ”を習慣化すること。
お顔をマッサージすることで、血行不良や代謝低下による乾燥・肌荒れを予防します。


この時期に使うマッサージ剤は、
なるべくノンオイルタイプで優れた保湿成分入りの
ジェルがおすすめです。
油分が入ったものは、いくらふき取っても肌に残り、
夜のケアとして使用すると、朝起きた時に
自分の皮脂と混ざってべたつき、水分が足りない
という状態になってしまうからです。
ちなみにサロンで使用するマッサージ剤は、
水溶性コラーゲンやヒアルロン酸、褐藻エキス、
オウゴンエキスなどが入った
ノンオイルタイプのジェルです。
そして、マッサージの際に気をつける点は
“手に力を入れない”ということ。
なるべく中指と薬指を中心に使い、優しく丁寧に
マッサージして下さいね。
マッサージ用ジェル
美容パック

 

4.保湿成分入りの美容液パック

不安定な肌の抵抗力強化には、とにかく保湿。
それには、やはり“パック”がおすすめです。
2005年11月「とことん保湿!」
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0511.html
に保湿力の高い成分を詳しく載せていますので、
あわせてご参照いただきたいと思いますが
この時期は特にセラミド、スフィンゴ脂質、ヒアルロン酸、
水溶性コラーゲンなどが高濃度に含まれた美容液での
コットンパックがおすすめです。
これらの成分は湿度が下がっても強い保湿力を発揮するので、
パックによって肌にたっぷり浸透させると
肌の潤いも長時間続くのです。
ぜひ、夜のケアに取り入れていただきたいと思います。
サロンでは、上記の成分が入った美容液に加え、
肌に潤いを与えながら皮膚温を高めて血行を促進し、
新陳代謝を促すモイストウォームパックなどを、
(海藻エキス・海塩・オタネニンジンエキスなどを配合)
この時期のパックとして使用しています。

以上がこの時期のおすすめケアです。
外に出るのが何だかワクワクするこの時期。
ぜひ、ご自分の肌の状態を見て、しっかり“紫外線予防”をしながら
心も身体も軽くなりつつある“春”の訪れを楽しみましょう。^^
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.