mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2006年2月 アロマのパワーで真冬を乗り切ろう!

少しずつ陽が長くなり、ほんの少し春の足音が聞こえてくる時期になりました。
でも、相変わらず寒い日が続いていますね〜。もともと2月は1年で1番冷え込む月。
引き続き、風邪やインフルエンザ予防の強化は大切のようです。
そして、花粉情報も気になる時期ですよね。
今年は「花粉の飛び方が比較的少ない」ということですが、それでも身構えてしまう時期です。
またさらに気になるのは、相変わらず空気が乾燥しきっていること。
お顔はもちろんですが、身体各部のなかなか改善しない乾燥がとても気になります。
…って考えると、今の時期は身体にとっての負担が色々とある時期なんですよね。。

また、季節の変わり目でもあるので、女性ホルモンのバランスも崩れやすく
心と身体のバランスを崩しやすい時期でもあると思います。
そんなこの時期を乗り切るのに、多大な力を貸してくれるのは、やはり“アロマ”や“ハーブ”。
予防的な役割も担ってくれますので、ぜひ生活に取り入れていただきたいと思います。
ただ、お客様のお話を伺っていると
「アロマテラピーはやりたいけど、色々な道具を揃えなければいけない
というイメージがあって、なかなか始められない」
とおっしゃる方が多いので、
ここでは、ほんの少しの道具と材料で簡単にできるアロマの活用法をご紹介していきます。

*風邪や花粉症に…

風邪や花粉症は、免疫力の低下によって症状が悪化しますので
まずは免疫系の働きを高めてくれる精油や殺菌作用の高い精油を入れた“アロマバス”が
おすすめです。
以前の美容情報でも何度となくご紹介しているアロマバスですが、
今回のおすすめの精油は、ティートリー、ユーカリ、ラベンダーなど。
お風呂に直接3〜5滴垂らしてもいいですが、やはり私は天然塩に混ぜて入れるのがおすすめ。
(作り方及び入浴方法は、2005年9月の美容情報<お家で手軽にデトックス>
http://homepage2.nifty.com/marea/beauty/beauty0509.html
 の「2、汗をかいて出す」をご参照下さい。)
花粉症の症状が出る前から日常で取り入れていただくと予防にもなります。

そして、アロマを使って空気を浄化してくれる“エアーフレッシュナー”がひとつあると
かなり役に立ちますので、この機会に作ってみてはいかがでしょうか?
このエアーフレッシュナー。お部屋にシュッと一吹きすると空気の浄化に、
そして外出時、マスクにエアーフレッシュナーでしめらせたガーゼをはさむと、
花粉が入るのを90%カットしてくれるそうなので、花粉症対策の大きな味方になってくれると
思います。
(下記は私がおすすめの精油のブレンドです。)

<材料>
・ティートリー   2滴
・ラベンダー    3滴
・レモン      2滴
・無水エタノール  5ml(小さじ1)
・精製水     25ml
・スプレー瓶

<作り方>
スプレー瓶に無水エタノールを入れ、
各精油を合計7滴入れる。
精油を溶かしてから精製水を入れ、
よく振って混ぜる。

また、鼻詰まりが続くと
思うように呼吸ができずに、
頭がボーッとしてきて頭の働きが
悪くなったり、だるくなったり
しますよね。


エアフレッシュナー

その状態のまま仕事などをするのは、とてもつらいところ。
そのような時には、頭をすっきりさせる作用のあるペパーミントやユーカリ、ローズマリーなどを
ティッシュペーパーに垂らして吸入すると鼻詰まりがとれてすっきりしてきます。

ハーブティ

そして、花粉症や風邪の症状緩和には、ハーブティーもおすすめ。
花粉症には抗アレルギー作用のあるネトル、
粘膜を強化する働きがあるエルダーフラワー、
免疫力を高め、ビタミンCたっぷりのローズヒップなど。
インフルエンザなどウィルス性の風邪には
免疫力をアップさせるエキナセアや
発汗作用のあるリンデンフラワーや
エルダーフラワーなど。
これらをブレンドして飲むのがよいと思います。


*唇や足の裏の乾燥に…

この時期は身体の各部分が乾燥しやすくなっていますが、
その中でもとくに唇や足の裏は「一度カサカサするとなかなかよくならない」
というお声をよく聞きます。
それは、足の裏には皮脂腺がないこと、そして唇にも(皮脂腺が)少ないことが関係しています。
もともととても乾燥しやすい箇所なのです。
ひどくなるとガサガサしたり、切れてきたりしますよね。
そこで、乾燥してガサガサしてきた唇や足の裏にもアロマを活用してみましょう。
まずは、唇。即効力があるアロマのリップクリームがおすすめです。


<材料>
・ラベンダーorカモミールローマン 2滴
・みつろう    5g
・ホホバオイル 10g
・はちみつ  小さじ1
・ビーカー
・ガラス棒
・クリーム容器
アロマのリップクリーム

<作り方>
ビーカーにみつろうとホホバオイル、はちみつを入れ、電子レンジで溶かしてかき混ぜます。
(全部溶けるように、30秒毎に確認します。)
あら熱がとれたら精油を加え、ガラス棒でかき混ぜます。
クリーム容器に移し、固まったらできあがり。

これを夜寝る前に塗ると、翌朝にはしっとりすると思います。
荒れがもっともひどい場合は、ハチミツに市販のワセリンを混ぜ、唇に塗ってその上からラップをする
“簡単唇用パック”もおすすめ。こちらもぜひやってみて下さい。^^

ただ、唇がカサカサする原因は、胃腸が弱っていたり、野菜不足だったりすることが
あるようなので、思いあたるようであればそちらも改善するようにして下さいね。   
また、落ちない口紅やリップグロス、ふき取るタイプのクレンジングは負担が大きいので
唇が荒れている時は、できるだけ使わないようにしましょう。

そして、足の裏。
皮脂腺がない上、体重がかかる部分なので防御するために角質も固くなります。
そこで、お風呂で角質をやわらかくした後の“オイルパック”がおすすめです。

<材料>
・ホホバオイルorスクワランオイル   10ml
・ローズマリーorマージョラムorレモン 2滴

<使い方>
オイルに精油を加え、マッサージオイルを作ります。
それを足の指先からかかとまでマッサージをしながら
たっぷり染み込ませます。
その上からラップをして、待つこと10分。
ラップをとったら、そのまま就寝して下さい。
翌朝にはかかとのあたりがかなりしっとりしていると思いますよ。

上記のようなアロマの活用法は、精油の有効作用や香りを楽しむだけでなく
“作る楽しみ”がありますよね。^^
本当に簡単なので、一度作ってみるとクセになるかもしれません。^^
この機会にぜひ、楽しみながら作ってみていただければ…と思います。
春まではあと少し。。。
アロマやハーブのパワーを借りて、この時期をできるだけ快適に過ごしましょう!!
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.