mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2005年12月 “心身の冷え”を改善しよう♪

12月も半ばになりました。早いもので、今年も残すところあと半月ですね。
ここのところ、いっそう寒さも増し、まさに“真冬”という感じになってきたので
皆さま、“寒さ対策”に頭を悩ませていらっしゃる頃ではないでしょうか?
とくに夜は一段と冷えるので、サロンにいらっしゃるお客様からも
「寝る時は手や足が冷たくてなかなか寝つけない」というお声が多く聞かれます。
最近は夏でも冷房などの影響で身体の冷えを感じる方が増えていますが
やはり、この時期はとくに痛切に感じますよね。
身体が冷えたままだと何だか心まで寒〜くなってくるような気がしませんか?
でも、お客様のお話を伺っていると、冷えを改善するために「とくに何もやっていない」
という方が意外に多いのです。
そこで、今年最後の美容情報は、この“身体の冷え”をとりあげてみたいと思います。

“冷え”は、女性に多い不調で、身体の一部の血液循環が悪くなるために起こります。
循環が悪くなると血液が全身に行き渡らなくなるため、抹消の手や足が冷えるのです。
これは、生理痛や生理不順など婦人科系のトラブルにつながりやすい不調のひとつなので
じつはとてもやっかいなもの。
原因としては、自律神経のアンバランス、無理なダイエット、病気…などがあげられますが
この中でもトップといわれるのは“自律神経のアンバランス”。
自律神経の交感神経が優位になると末梢血管を収縮する働きがあるので
この神経支配が続くと、いわゆる“冷え症”になるといわれます。
そして、この自律神経のバランスを崩す原因として大きくかかわるのが、
何といっても“ストレス”です。
つまり“冷え”の根本的な原因は、ストレスが大きく関わっているということなのです。
ということは、“冷え”を根本から改善するには、身体を温め、ストレスをうまく発散させながら
自律神経のバランスを整えていくことが何より大切ということですよね。

そこで、おすすめなのが、やはり「アロマの精油を用いた入浴(半身浴)&部分浴」。
以前にもご紹介しましたが、お湯の中に天然塩とアロマの精油を数滴入れるだけで、
身体の温まり方が断然違いますし、アロマの香りで心もリラックスできます。
足先がいつまでも冷たいこの時期は、部分浴の中ではとくに“足浴”がおすすめです。


<足浴の方法>
大きめの洗面器かバケツ(なるべく深めのもの)に
40〜43度くらいのお湯を入れ、
そこに精油を2〜3滴垂らし、よくかき混ぜます。
(天然塩を入れる場合は、天然塩大さじ1杯に精油を
垂らして混ぜ、入れる。)
その中に足をいれ、10分〜15分。
本など読みながら、気持ちをゆ〜ったりさせて下さいね。^^
(足をふくためのタオルも用意しておいて下さい。)


足浴
おすすめの精油 おすすめの精油は、血液循環を良くして温める作用のある
ローズマリーやスィートマージョラム、ブラックペッパー、
ジンジャー、レモンなど。
そして、自律神経のバランスをとる神経鎮静作用のある
ラベンダーやローマンカモミール。
入浴や部分浴は、緊張をとってくれる副交感神経の
働きを活発にし、リラックスできるとともに
血管を拡張してくれます。
足浴で足及び全身が温まったら、できるだけ早くお布団に入ることをおすすめします。
(入浴及び手浴の詳細は、美容情報の9月“お家で手軽にデトックス”
 10月“睡眠で心(脳)を休ませよう”をご参照ください。)

そして、次におすすめなのが、アロマを使った「温湿布」。
東洋医学では、首のつけ根にある“風池”というツボを
「風邪が入った時、その邪気がたまる場所」といい、さらに風邪が進行すると
邪気は首のつけ根の真中の“風府”というツボに集まるといいます。
確かに首のあたりが寒く感じると「あれ?風邪かな?」と思ったりしますよね。
そのような時にこの“風池”や“風府”のツボあたりの“温湿布”は効果的です。

*温湿布…熱いお湯を洗面器に入れ、
 精油1〜2滴を垂らしよくかき混ぜます。
 (精油はお好みのものか上記のものでOK)
そこにタオルを浸して、やけどをしないように
軽く絞り、 それを首のつけ根に当てます。
これを目の上にのせると目の疲れや頭痛などの症状を
和らげますし、慢性的な不調がある部位にあてても
効果があります。
(目の疲れをとるには、精油はラベンダーや
ペパーミントがおすすめ。)
これはとても簡単なので、私も毎日のように
やっています。
ぜひ、お試し下さいね。^^
温湿布
そして、忘れてはならないのが、身体の内側から血液循環を良くすること。
それには、老化防止のためのビタミンともいわれている“ビタミンE”を意識的に
摂取することをおすすめします。
ビタミンEは、血液の循環をよくする働きの他、ホルモンの分泌や自律神経を調節する働き、
抗酸化作用などがあります。

<ビタミンEを多く含む食品>
うなぎ、ナッツ類、大豆、玄米、かぼちゃ、ニラ、ほうれん草、ごまなど

ハーブティ


そして、普段飲むお茶の一回を“ハーブティー”に
変えてみてはいかがでしょうか?
ハーブティーは身体を温め、発汗作用のあるものが多いので
ゆっくり飲むだけで身体がポカポカとしてきて、気持ちも
おだやかになってきます。
身体を芯から温めるおすすめのハーブティーは、
ローズマリー、ジャーマンカモミール、レモンバーム、
リンデン、ヤロウ、ペパーミントなど。
(ハーブティーが飲みにくいと感じられる方は、
ハチミツや三温糖などを少し入れて
 甘みをつけると飲みやすくなるかもしれません。)

これからますます寒さが増してきます。
ぜひ、これらの気軽にできるケアや予防策で身体の冷え”を少しずつ改善していき、
この冬は心も身体もできるだけ“ほっかほか”にお過ごし下さいね。^^
TOP
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.