mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2005年11月 とことん保湿!!

早いもので、今年も残すところ1ヶ月と半月あまり。
そろそろ、真冬の入口に入る時期になりました。
外気がすっかり乾燥してきて、風邪などが流行ってくる時期ですね。
皆さま、体調管理はしっかりされていますか?

そして、乾燥しているといえば…お肌。
外気や部屋の中の乾燥で、お肌が何となくカサカサしてきたり、
痛くなってきたりして、肌アレをおこしがちになるこの時期は、
サロンにいらっしゃるお客様のお悩みも「お肌の乾燥」というのが一番多いです。

ところで、“お肌が乾燥している状態”というのは
具体的にどのような状態を言うのかご存知でしょうか?
表皮の一番上の角質層は、通常15〜40%の水分を含んでいます。
この角質層が水分で満たされている状態を“うるおっている肌”
逆に水分が少ない状態、これを“乾燥している肌”といいます。
そして“乾燥している状態”と言うのは、表皮の一番上の角質層の
バリア機能が壊れて肌の奥から水分が奪われ、外からの刺激に敏感になったり、
刺激物質や細菌などが入ってきたりする可能性が高い状態をいいます。
この状態が続くと、バリア機能が正常に働かなくなることで
必要な成分が外から入りづらくなるので、さらに乾燥が加速し、
この状態がなかなか改善しない…という悪循環に陥ってしまいます。

そこで、悪循環に陥る前の速やかなケアが必要になってきます。
もともと、お肌には
1.細胞間脂質…セラミドなど
2.天然保湿因子(NMF)…アミノ酸、尿素など
3.皮脂
という“保湿の三因子”が備わっていて、自分で潤いを守ることができるように
なっています。そう、自らの力で肌の水分を保つことのできる機能ですね。
しかし残念なことに、これらは、外気や暖房などによる乾燥、加齢、
間違ったスキンケアなどにより、どんどん失われてしまうのです。
そこで、まずはこの失われた保湿成分を適切なケアで
できるだけ速やかに肌に与えることが必要になってきます。
それでは、スキンケアに使う化粧品に配合されている「保湿成分」には
どのようなものがあるのでしょうか?

以前の美容情報にも少し書きましたが、今回は役割別に詳しく見ておきましょう。

1.水分をはさみこむ性質を持つ成分(潤いを閉じ込める)
・セラミド…角質の細胞間脂質の成分(約40%)。
        保湿力が非常に高いので、乾燥肌、アトピー肌の方向き。
・スフィンゴ脂質…セラミド以外の角質細胞間脂質。
           角質内に潤いを閉じ込める。
・レシチン…大豆などに含まれる成分。セラミドのように水分を
        サンドイッチ状にはさみこむ。

2.水分含有力のある成分
・ヒアルロン酸…真皮にある物質で、1gで約6リットルの水分を吸着するという
         非常に優れた水分吸着力を持つ。
・水溶性コラーゲン…コラーゲンは真皮にある線維状のたんぱく質。
            化粧品に含まれているのは主に保湿成分となり
            肌の潤いを保つ成分となる。
・エラスチン…コラーゲンとともに皮膚の弾力を維持する線維状の成分。
         保湿力がある。
・へパリン類似物質…血液中に存在する成分。
            保湿効果の他、血行を良くする働きがある。

3.吸湿力のある成分
・PCA(ピロリドンカルボン酸)、アミノ酸、尿素
        …角質層に含まれている天然保湿因子(NMF)の成分。
           保湿力はそれほど強くないが、角質細胞に水分を与え、
           角質をやわらかくする目的で化粧品に配合される。
・プロピレングリコールやグリセリン、1.3BGなど
        …アルコールの一種。吸湿力に優れている。
           しっとりとした使用感を与えるので、化粧品に多く使われる。

肌がカサカサしていると、乳液やクリームなどの“油分”で補おうとして
しまいがちですが、まず必要なのは、何より上記の“保湿成分”です。

保湿力の高い化粧水


湿度が下がっても威力を発揮する1、2の成分は、
保湿状態を持続させるのに
とても優れた成分だと思います。
これらの成分が配合された“化粧水+美容液”を
毎日の朝・晩のお手入れの
必須アイテムとして使用することをおすすめします。
スキンケアの手順としては、
洗顔後すぐに顔全体に化粧水をたっぷり塗り、
その後美容液を乾燥しやすい部分に
塗ります。
(お顔全体が乾燥しやすい方は全体に)。


そして、これにプラスするアイテムとして、
油分が足りないと感じる頬などに“乳液”や“クリーム”を塗ります。
つまり、化粧水→美容液(→乳液→クリーム)
この順番で、お肌の状態を見ながらアイテムを足したり引いたりしていきます。


そして、夜はぜひ、上記の1、2のセラミドやヒアルロン酸などを含む“化粧水+美容液”を
たっぷり含ませたコットンやシートマスクを使ったパックタイムを取り入れてみて下さい。
これからの季節は、このパックタイムを毎夜続けていると、お肌が確実に
変わってくると思います。


また、日中のメイクはどうしても肌を
乾燥させますので、
メイクをする前に保湿成分入りの美容液を
下地代わりに使ってみてもいいと思います。
(下地はとくにお肌に負担をかけたり、
乾燥させたりしますので)

日中は、メイクの上からのコットンパックもおすすめ。
(詳しくは7月の美容情報「ダメージを受けない&
ダメージに負けない」のその3、徹底した保湿を
ご参照下さい。

ただ、ファンデーションが崩れることが
心配な方は、コットンは使用せず、
手にとって乾燥した部分だけに
そっと押さえるようにつけていただいても
いいと思いますよ。

保湿成分入りの美容液


スキンケアの他に気をつけたいのは「部屋の湿度」。
できれば、加湿器などを使って、部屋の中の湿度には気をつけましょう。

そして、なんと言っても重要なのは「食事」ですよね。
肌に栄養を与えるのは血液で運ばれる栄養素。食べ物から摂取する栄養が
とても大切になってきます。
1番はバランスよく食べることですが、お肌の保湿面を考えると
とくに“鉄分”と“亜鉛”を積極的にとることをおすすめします。

鉄が不足すると、身体のすみずみまできれいな酸素を運ぶことができなくなり
肌の水分を保つ力も弱まります。そして、亜鉛は新陳代謝には欠かせないもの。
特に乾燥がひどい方は、以下の食品を意識して摂取するといいと思います。
私自身も非常に乾燥するので、これらを積極的に摂るようにしています。
<鉄を多く含む食品>
牛レバー、牛もも肉、カツオ、大豆、ひじき、しじみ、あさり、ほうれん草など
<亜鉛を多く含む食品>
カキ、イワシ、ニシン、大豆、ゴマ、牛もも肉、豚もも肉など

ちなみに、mareaの乾燥肌対策のサロンケアとしては、
まずマイナスイオンの出るスチームをあて、毛穴を開き、
お肌を柔らかくしてから蛋白分解酵素で
余分な角質を取り除き、水分を吸収しやすい
お肌の状態にします。

そして、レシチンやコメヌカスフィンゴ糖脂質、ヒアルロン酸、
水溶性コラーゲなどが配合されたラファンテの
スキンセラムローションや
トービシのイソフラボン液などで保湿成分をたっぷり与えた後、
海藻エキスや朝鮮人参エキス、甘草エキスなどお肌に
潤いを与え、しっとりさせる成分が配合された
モイストウォームパックや以前にもご紹介した
ファインWマスク(トウキ、ブクリョウ、ソウハクヒ、
甘草フラボノイド、油溶性ビタミンCなどを配合)
をパックとしてたっぷり塗布し、ラップで密閉します。

乾燥肌対策
リバセルの高品質な美容液

最後に、スペシャルケアとして、
乾燥が特に気になるところに、トービシのリバセルの
高品質な美容液を使用していきます。
(非常に高い保湿力でお肌の潤いを長時間保ちます。)
外側からのたっぷりの補充、そして自らの機能を
高めることを目的としたケアを心がけています。

お肌にとっては、環境がとても厳しい季節になります。
ぜひ、毎日ご自分のお肌の状態を見て、
その時その時に合ったケアや
お肌が喜ぶ生活などを心がけ、
お肌を守ってあげて下さいね。

そして、風邪などひかないよう、
どうぞご自愛下さいませ。。。

TOP
 
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.