mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2005年10月 睡眠で心(脳)を休ませよう
すっかり、秋まっさかりになりましたね。
スポーツの秋、行楽の秋、食欲の秋、読書の秋…など
秋は色々なことをじっくり楽しんだりするのによい季節といいますね。
確かに気温が安定しているこの季節は、落ち着いて何かをめいっぱい
楽しんだりするのにとてもよい気がします。
新しいことにもチャレンジしてみたくなりますし。^^
でも、日々サロンでお話を伺っていると、現実にはなかなかそういかないと
いう方が非常に多いです。普段のお仕事などの忙しさから「休みの日は何かを
するより眠っていたいと思ってしまう。」とおっしゃる方がとても多いのです。
確かに疲れが溜まっていると、お休みの日は何かを楽しむことより
「1にも2にも睡眠!」という感じになりますよね。
サロンで伺う具体的なお声としては
「毎日の睡眠がおろそかになってしまい、いつも眠たい」
「眠れないわけではないけれど、いつも眠りが浅い」
「たっぷり眠っていると思うけど、疲れがとれない」などなど。
お話を伺っていると、心身にとって十分な睡眠をとっている方が予想以上に
少ないということ、そして睡眠について深く考えたり意識している方も
意外と少ないということに気がつきました。
そこで、今回はその「睡眠」をとりあげてみることにしました。

私達は疲れていると「休めば治るもの」と考えてしまいますが
最近の研究で「“脳疲労”が心と身体のすべてを疲れさせるもと」ということが
わかってきたそうです。
“脳疲労”は“脳の温度”と関係していて、私達の脳は活発に動いている時は
温度を上げ、休んでいる時には温度を下げているといわれますが、
ストレスをためる生活を続けていると、脳の温度は上がりっぱなしに
なってしまうというのです。
そこで、必要になってくるのが「睡眠」です。
なぜなら、睡眠によって脳をクーリングダウンして休ませることができるからです。
ところが、慢性的なストレスなどで脳の温度が上がりっぱなしになっていると、
せっかく睡眠でクーリングダウンしようとしているのに、脳は満足に休むことが
できなくなり、なかなか眠れなかったり、眠っていても疲れが
とれなかったり…という状態になってきます。
さらに、脳が正常に働くために不可欠な脳内神経物質である「ドーパミン」
「セロトニン」「ノルアドレナリン」「βーエルドルフィン」という物質が
産生されるのが脳がクーリングダウンしている時なので、温度が上がったままで
クーリングダウンできないと、これらが産生されず、脳の疲れが
どんどん溜まってくる…というから大変です。
睡眠時間をとっていると思っても、なかなか疲れがとれない原因は
まさにこういうことにありそうですね。
そこで、何より大切なのは「質のよい睡眠をとること」です。
ぐっすり眠って、脳をクーリングダウンさせ、心(脳)の疲れをしっかりとろう!ということですね。
そのために、毎日続けられるようなことで、日々おろそかになりがちな
「睡眠」を「質のよいもの」に変えていく4つのご提案をしたいと思います。

1.眠る前にぬるめのお風呂にゆっくり入る。
 
入浴した後の1〜2時間は自然と
眠くなってきませんか?
それは、身体が温まるからと思われがちですが、
それだけではないようです。
入浴して身体が温まると、体温を一定に保つために
体温を下げようとして発汗します。
そして、体温が下がっていく時に同時に脳の温度も
下がっていくので眠たくなるのです。
ということは、そのタイミングで眠りにつけば、
良質の睡眠が得られるということですね。
そこで、眠りにつく少し前の入浴は、快眠のために
とても重要なことになってきます。
先月の美容情報でもお伝えしましたが、
なるべく入浴タイムもリラックスできるように
アロマバスソルトなどを使って、40℃前後の
お風呂にゆっくり入って下さいね。^^
たまにはお風呂の電気を消して、
キャンドルのあかりを灯しながら
バスタイムを楽しんでみるのもいいかも
しれませんよ。^^
キャンドルのあかり
アロマの手浴
 そして、身体が疲れすぎて
いる時や体調を崩して全身浴を
控えている時などは
“アロマの手浴”がおすすめです。

手を温めると、首や肩の緊張が
緩んでリラックスできるのです。

<やり方>
洗面器に熱めのお湯(43℃くらい)を
入れ、3滴以下の精油を入れて
よくかき混ぜ、両手首
(ひじでもOK)を浸します。
10分から15分くらい
浸しておくとジワ〜っと
汗が出てきます。
精油は、寝る前なので気持ちを
落ち着かせリラックスさせる
作用のある
ラベンダー、ローマンカモミール、
クラリセージや
スィートマージョラム、
ベルガモットやマンダリン、
サンダルウッド、
フランキンセンスなどがおすすめ。

2.リラックスできる“カラー”を取り入れる。

人の身体は、色を音波や電磁波と同じように
波として感じ、それぞれに対応する
自律神経や内分泌系に指令を出すといいます。
やる気を出したいなら「赤」。
交感神経を活発にして、興奮作用のある
アドレナリンの分泌を促進するといいます。
また、「黄色」は胆嚢や胸腺を刺激して
骨を強化し、新陳代謝を高めるといいますね。
そして、睡眠と関係しているといわれるのが
「紫色」。
脳の基底部にある脳下垂体と深く関わり、
神経の不調や目、耳、鼻の不具合や
三半規管のトラブルを和らげるそうです。
脳のクーリングダウンにとても
いいようですね。
また、紫色のものを凝視すると疲れ目などにも
効果があるそうなので
そんな心身の見方である「紫色」の寝具や
枕カバーなどを寝る時に用いることを
おすすめします。
カラーの取り入れ

枕元で芳香浴
3.枕元で芳香浴

ティッシュやハンカチにご自分のお好きな
香りの精油や前述の精油を1,2滴たらし
枕元に置くと、気軽に芳香浴を楽しめます。
優しい精油の香りがほのかに漂い、
安らかで深い眠りにいざなって
くれることでしょう。
(色の濃い精油はシミになることが
ありますので、 ハンカチを使う場合は
お気をつけ下さい。)
その4.90分の倍数で眠る。

私達は一晩に2種類の睡眠を交互に繰り返しています。
筋肉が弛緩して身体を休める「レム睡眠」と
筋肉は緊張しているが脳は休んでいる「ノンレム睡眠」。
レム睡眠は“身体の睡眠”で、起きている時に取り込んだ情報の整理や記憶に
使われ、ノンレム睡眠は“脳の睡眠”で脳の温度を下げます。
このレム睡眠とノンレム睡眠が1セットになって約90分の周期が朝まで
繰り返されるのです。それゆえ、睡眠時間が90の倍数になるように起きると、
目覚めがよいということになります。

質のよい睡眠をとらないと、脳が疲れたままになり、自律神経やホルモン、
免疫をコントロールする脳の視床下部がダメージを受け、
様々な身体の不調が起こってくると同時に心のゆとりがなくなってきます。
ぜひ、上記の4つを取り入れて、普段の睡眠が質のよいものに
なるよう、心がけていただきたいと思います。^^
秋はまだまだこれからが本番です。
睡眠で心(脳)と身体の疲れをとり、何かをめいっぱい楽しもう!
新しいことにチャレンジしよう!と思えるような心のゆとりを持ち、
ぜひ“実りの秋”にして下さいね!
TOP
 
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.