mareaはフェイシャルトリートメント、アロマテラピー、リフレクソロジー、レイキを中心に
お客様おひとりおひとりに合ったケアをさせていただくサロンです。
はじめての方へ サイトマップ
 
Happyブライダル
mareaのサービス
 


mareaより季節ごとの美容方法やアロマ、ヒーリング・・・等々
普段の生活に取り入れていただきたい情報をたっぷりお届けします。

2005年7月 ダメージを受けない&ダメージに負けない
梅雨も終わりに近づき、本格的な夏がすぐ目の前!という時期になりました。
私は「夏生まれ」のせいか、これからの季節は大好きで、気分も晴れやか〜になり、
ワケもなくウキウキしてきます。
私と同じように「夏が好き!」って方はとても多いのではないでしょうか。
なんていったって、気持ちがイイ季節ですものね。^^
でも、ご存知の通り、夏はお肌にとってはまさしく「ダメージがいっぱい!」の
季節でもあります。
夏のカラッと晴れた日に外で思いっきり遊ぶのは、私も大好きですが^^
意識して「紫外線対策」をしないとダメージは日々蓄積されていってしまうのです。
お肌にとっても身体にとっても「マイナス貯金」のようなものが溜まってしまう
んですよね。。
そこで、基本中の基本「紫外線」について少しおさらいしておきましょうか。

「日光は浴びた方が身体のとっていい」という話が当たり前と思われていたのは、
やはり、かなり昔の話。私の小さい頃はもっぱら言われていたことです。
当時は私も思いっきり浴びていました。
でも、オゾン層が破壊されつつある現在は、紫外線は肌老化を早めるだけでなく、
皮膚がんに至らせることまである恐ろしいもの・・・という認識がだいぶ一般的に
なってきました。
1998年に、母子健康手帳から日光浴の必要性に関する記述が消えたのは
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
それでも、紫外線は体内のビタミンDを活性化し、カルシウムを作り出すのに必要
というプラスの面もあるので、「少しは浴びた方がいいのでは??」と思われる方も
多いのではないかと思います。
でも、これもそうではないようですね。。。
それに要する紫外線はごく微量で足りるそうで、骨を守るには日常防いでいても
どうしても受けてしまうくらいの紫外線の量で十分だそうです。
さらに紫外線は、「マイナス貯金」をためるだけでなく、老化の原因である
「活性酸素」も発生させてしまう・・・という面もあり、残念ながら、
身体にとっては「ダメージそのもの」のようなのです。
それが日々蓄積され、一定のラインに達したとき、急に表面に現れてくるのですね。
大学の頃、スキューバダイビングのクラブに所属し、海によく行っていた私は、
30歳を過ぎた頃からそれは痛感しています。
あの頃も気をつけていたつもりですが、紫外線の強さには勝てなかったようです。

それでは、具体的にどのように現れてくるかというと、「シミ」はもちろんのこと 、
これは意外と知られていませんが、「シワ」もそうなのです。
紫外線のA波は、皮膚の真皮にまで達するので、その影響で真皮にある
コラーゲン繊維は変性し、弾力のない繊維になり、皮膚全体が緩んだ感じになって
しまいます。その結果、肌表面はシワになるのです。

それを予防するには、やはり「ダメージを受けない&ダメージに負けない」
デイリーな紫外線ケアが必要になってきます。
そこで、ぜひ以下の基本の4つのことはやっていただきたいなと思います。


その1.外に出るときは、日傘や帽子は必須。
  
これは当たり前になりつつありますが、意外と油断してしまうのが曇りの日。
曇っていても、紫外線の量は晴れている時とあまりかわらないのです。
まぶしくないと紫外線を浴びているという実感がないので要注意ですね。

その2.日焼け止めやパウダーファンデーションを賢く使用。

日焼け止めに記載されている
「SPF」や「PA」って
何のことかご存知でしょうか?
 
SPF(sun protection factor)とは、
紫外線B波(UV-B)をカットする力を
示したもの。何も塗っていない
状態に比べて、日焼けで
赤くなるまでの時間を
何倍延ばせるか?ということです。(SPF1は15〜20分)
紫外線B波は、A波よりも波長が短く、
肌が真っ赤になったり、
ヒリヒリ痛んだり、
時には皮がめくれるほどの
日焼けを起こすのは、
このB波のせい。
それだけでなく、活性酸素を
発生させ、肌細胞の遺伝子を
傷つけて、次々とシミなどの要因に
なるものを作ります。
そして、
PA(protection grade of UVA)とは、
紫外線A波(UV-A)の防止効果を
示したもの。
B波より波長が長いA波は、肌表面が
赤くなったりしないものの、
真皮にまで達し、コラーゲンなどの
繊維にダメージを与え、シワや
シミの原因を作り出します。
日焼け止めとパウダーファンデ

あまり値が高い日焼け止めは、肌への負担がかかるので、 日常の紫外線防止には
SPF10から20くらい、PAは++くらいのもの、ちょっと屋外にいる時間が
長い時はSPF35くらいがいいのではないかと思います。できれば、負担の少ない
「紫外線吸収剤不使用」のものがいいですね。
そして、もともと多少の紫外線防止効果のある「パウダーファンデーション」を
上手に組み合わせたらいかがでしょうか。

その3.徹底した保湿
化粧水 夏は皮脂の分泌が盛んになるので、
今ひとつピンときませんが、 夏の肌は
とても乾燥しています。紫外線で
ダメージを受けることが理由の他、
エアコン、上記の日焼け止めや
パウダーファンデーションなども肌を
乾燥させます。
肌が乾燥していると、ダメージを受けた時に
自ら防御する力、回復する力が 弱くなり、
さらにダメージを受けやすくなるのです。
これには、化粧水での徹底したケアが
必要になります。
できれば美容液入りの化粧水を
しみこませたコットンを、一日数回
肌の上にのせるのがベスト。
(お化粧をした上からでもかまいません。)
こちらはもちろん、夜の洗顔後のケアとしてもおすすめ。
私も肌はかなり乾燥するので、できるだけ頑張ってやるようにしています。
定番になっている「スプレーでシュッ!」はかえって乾燥を加速させてしまうので
あまりおすすめできません。
 
その4.身体の中から紫外線抵抗力をつける。
  
やはり、身体の中から抵抗力をつけることはとても大切です。
紫外線による活性酸素の発生を防止するには、ビタミンA、C、Eの摂取が
必要になります。とくにやっぱりCはおすすめ。
サプリメントで摂取するのもいいですが、天然のビタミンCたっぷりの
ハーブティーなどを意識的に飲むようにしてみてはいかがでしょうか?
とくにローズヒップは天然のビタミンCがたっぷり含まれています。

すっぱいのがちょっと苦手・・・という方には、
カリス成城の「ハイビスカス レモンティー」が
おすすめです。ローズヒップにハイビスカス、
レモングラス、レモンピール入りで
ビタミンCたっぷりですが、ステビアが若干
入っているので 酸味が抑えられていて、
とても飲みやすくなっています。
冷たくしてもおいしいですよ。こちらはサロンでも
お出ししています。^^
これから、きっと暑い暑い日がやってくるのでしょうね。
私も、夏が終わり秋を迎える頃に「ぎ・・ぎゃ〜っ!」と
ならないよう(笑)
「ダメージを受けない&ダメージに負けない」生活を
したいと思います。
皆様もぜひぜひお試しください。。。
ハーブティ
TOP
 
copyright(c) 2005 -2007natural beauty & healing salon marea all right reserved.